車の盗難・車上荒らし

気をつけよう!車の盗難・車上荒らし

未分類


アラームを設置して保険に入ろう

2015年4月21日 - 16:26 | 投稿者 ぺーる

自動車盗難や車上荒らしは都会や田舎など地域に関係なく被害は増加しています。
新聞や雑誌の報道や当局の犯罪データの公表値などから自己防衛に対する関心も高まっています。
車上荒らしなどの被害のことを考えると、まずは保険に加入するのがよい方法です。
人通りの少ない場所や夜間明かりの乏しい場所などに車を駐車する際、何の対策もしていないと新規で一般車両保険へ加入する際に断わられる場合があります。
また、車両盗難ランキングの上位に入るようなワンボックスや高級セダンなどの車ですと、ディーラーの純正のイモビライザーを装着している車でも断わられることがあります。
これは、窃盗犯の手口がより巧妙化しイモビライザーだけでは車を守ることができないと判断されているからです。
そのため、アラームを追加で装着すれば保険に加入できるようになりますし、被害のあった場合でも継続が可能になる場合があります。
ガレージに鍵や人感センサーライトを取り付ける程度のことはしていても、誤作動を起こし急にサイレンが鳴ったら近所に迷惑をかけるなどと考えるためか普及率はまだ高くはありませんので使用する製品、装着は信頼できるショップ選びが大事になります。トランペット

カテゴリー 未分類 | アラームを設置して保険に入ろう はコメントを受け付けていません。

自分でできるメンテナンス方法

2015年4月21日 - 16:26 | 投稿者 ぺーる

車上荒らしは突然発生しますから、被害を最小限に抑える工夫が必要ですし、車の汚れた傷を放置すると狙われ易くなりますから、手入れを怠らず行う事が大切です。
車を止める場所の選び方も大切なので、人気のなさや死角となる場所を避ける事が重要で、万が一の被害に対応出来る事が欠かせませんから、証拠が残る設備がある場所が駐車に最適です。
防犯グッズの装備も役立つので、効果的な商品を選ぶ事が役立ちますし、売れ筋商品が選び易い情報として参考になりますから、車と財産を守るグッズに投資する事が必要です。
グッズの設置は防犯に役立ちますが、安心してしまうと逆効果ですから、常に防犯意識は高める必要がありますし、小さな隙を作らない事が重要な注意点です。
メンテナンスを行う事も防犯グッズに欠かせませんし、機能が正常に働く事や電池が必要な商品の交換が重要ですから、定期的に動作のチェックを行う事により、安心して車を任せる事が出来ます。
車に物を置く場合は最小限に抑える事や、大事な物を乗せる場合は長時間放置しない事が大切なので、子供を大切に扱うような車の扱い方を心掛ける事が出来れば、過保護であっても被害に遭う確率を低く抑える事が実現します。ドラム02

カテゴリー 未分類 | 自分でできるメンテナンス方法 はコメントを受け付けていません。

価格の相場や設置費用

2015年4月21日 - 16:25 | 投稿者 ぺーる

自動車の盗難防止には、カーセキュリティーを装着することが効果があります。
しかし、セキュリティーは高額なものもありどれを選んでいいかわからないことがあります。
そこで、一般的な相場を知っているとどのようなものを購入取り付けすればいいかわかります。
また、高額なセキュリティーになればなるほど、取り付けが難しくなり費用がかさみます。
よく一般的に売れているセキュリティーの相場は10万から20万です。
結構高額になりますが、車上荒らしに一回会ってしまうとこの金額以上の修理費が発生することが多いです。
中には、証拠隠滅で放火され廃車になってしまうことになりかねません。
保険ととらえて、セキュリティーを取り付けることは車上荒らしから自分の自動車を守ることになります。
設置の料金に関しては、知識のある取り付け台数経験が多いところのほうが安く済みます。
これは、設置に時間がかからないためです。
また、経験が豊富なお店になればなるほど簡単にセキュリティーを解除されないような取り付けや配線をしてもらえます。
また、あまりにも安価なセキュリティーになると、音は出るが小さかったり光だけで威嚇するものもあり効果がありません。
一般的な相場のセキュリティーを取り付けることをお勧めします。ドラム

カテゴリー 未分類 | 価格の相場や設置費用 はコメントを受け付けていません。

正しい設置方法で作動を確認しよう

2015年4月21日 - 16:25 | 投稿者 ぺーる

自動車の盗難や、パーツ窃盗、いたずらに効果のあるカーセキュリティーですが、これも正しい設置方法と使い方をしないと効果が薄れてしまうことがあります。
正しい方法で使用することにより防犯効果があがります。
カーセキュリティーには色々な種類があり自動車を置いている状況により変化します。
通常のセキュリティーには振動を感知し警報音を鳴らすのが一般的ですが、設定をおこなわずそのままの状態で使用していると、自動車を置いてる環境が幹線道路沿いなどで振動が頻発している場所だと感度が高すぎてしょっちゅう警報音が鳴ってしまいます。
このような状況になってしまうと、いざ犯罪が行われて警報音が鳴っても近隣住民の方はまた誤報でなっていると思い、効果を発揮しません。
いざという状況で鳴るようにきちんと設定をする必要があります。
また、周りの環境が騒がしく鳴っても警報音が聞こえない場合は、メールで通知してくれるサービスを持ったセキュリティーも販売されていますのでそちらをお勧めします。
また、取り付けは必ず専門知識のあるお店に依頼してつけないと簡単に警報を解除して窓ガラスを割ったり衝撃を与えても一切警報音が鳴らないようにできますので、注意が必要です。サックス02

カテゴリー 未分類 | 正しい設置方法で作動を確認しよう はコメントを受け付けていません。

便利な防犯グッズを選ぼう

2015年4月21日 - 16:24 | 投稿者 ぺーる

セキュリティ対策を行う場合は、効果的な方法を選ぶ事が大切なので、売れ筋商品から探す事が、選び方として大切な方法です。
売れ筋の一覧を参考にする時は、売れている理由を知る事が欠かせず、防犯グッズに期待出来る機能と目的のマッチングが重要ですから、欲しい機能を持つ商品を売れ筋から選ぶ事が大切です。
売れているだけでは本当の効果は分かりませんし、ショップは宣伝を上手く活用して販売しますから、ネットの口コミを参考にする事は必要であり、情報を信じて購入する必要があります。
実際の効果は体験しなければ分からないので、被害を防ぐ事が一番の実証方法ですし、犯罪の発生を待つ事は現実的ではありませんから、複数の商品を組み合わせて備える事が防犯をグッズの選択に役立ちます。
相乗効果を期待してグッズを購入しますから、お互いを活かせる組み合わせを考える必要があり、打ち消さない事が大切な条件ですし、購入費用を無駄にしない厳選が大切です。
取り付けが簡単な事も選ぶ場合の基準になりますし、使い方が簡単な事も見逃せませんから、説明が分かり易く誰でも使える工夫があると便利なので、様々な利用者を想定した開発が行えるメーカーの商品が選び易さの基準です。サックス01

カテゴリー 未分類 | 便利な防犯グッズを選ぼう はコメントを受け付けていません。

安全対策でセキュリティー製品を設置

2015年4月21日 - 16:24 | 投稿者 ぺーる

近年は、高級車だけでなく軽自動車なども車上荒らしの被害にあっています。セキュリティー製品を付けることで防止になります。
一番簡易的なものは、ステッカーを貼るものです。盗難防止付きと書かれたものなら、犯人に威嚇することができるのです。また、車内で点滅をして、装置があるように思わせることもできます。とりあえず、何かしたいけど費用を最小限に抑えたい人にはお勧めです。しかし、あくまでも心理戦ですので、あまり期待はできません。
アラーム装着は広く使われているものです。これは、被害の抑制に役に立っています。人気のあるものは、簡単に取り付けが可能なものです。センサーによって感知して、警報を鳴らします。車上の異常を、別の機器に知らせてくれるタイプもあります。このタイプは、誤操作でサイレンがなると近所迷惑になって困るという人にお勧めです。これ以上のハイテクタイプのアラームは、高価なものになります。10万円をこえるものも少なくありません。
しかし、窓ガラスを割るような乱暴な犯行には制止の限度があります。窃盗団が、車にアラームが取り付けられていることを前提で犯行に及ぶこともあります。このときは、手際よくアラームを外されてしまいます。ギター02

カテゴリー 未分類 | 安全対策でセキュリティー製品を設置 はコメントを受け付けていません。

被害に遭いやすい状況

2015年4月21日 - 16:23 | 投稿者 ぺーる

今日、自動車についているパーツを盗んで転売する被害が増えています。
また、盗難にあうとガラスを割られたり中には証拠隠滅の為火をつけられ廃車になることもあります。
この被害を受ける自動車にはいくつかの特徴があります。
まず、青空駐車場に置いている自動車は被害に合う確率が高いです。
さらにその中でも、駐車場に街灯がなかったり暗い。
監視カメラが無く人の目が無い。
近所に住宅が無く大きな音がしても誰も気づかない。
ような場所に置いている状況にある自動車は被害に合いやすいです。
その中でも、高額なカーナビを装着している、高額なホイールを装着している、車内に荷物を置いたままにしている。
といった場合はさらに狙われやすくなります。
このような盗難被害を防ぐためには、カーセキュリティーを付けたり、車内に荷物を置かない。人気のある駐車場に変える。
お金はかかりますが、ガレージ付きの駐車場に移動する手もあります。
自動車のガラスを割られカーナビが盗難されると、ガラスは割られ、無りやりカーナビを取られますので、インパネ周りも傷だらけで、もう使用できないほどになります。
ホイールの盗難にいたっては、ホイールを外した後、ブレーキローターにブロックをかまして放置され足回りが使用不可になり高額な修理費がかかることもあります。ギター01

カテゴリー 未分類 | 被害に遭いやすい状況 はコメントを受け付けていません。

被害に遭いやすい車種

2015年4月21日 - 16:22 | 投稿者 ぺーる

車種によって盗難や車上荒らし見舞われるリスクが違ってくると言われています。
最も狙われ易いとされている車はハイエースです。ハイエースが狙われる理由としては使い勝手が良い車として人気があるからです。荷物を沢山積む事ができますし、そして耐久性も高い車として知られています。さらには海外からの人気も高い車ですので、需要の高さゆえに狙われ易い傾向があります。
プリウスも被害に遭い易いとされています。ご存知のようにハイブリッドカーの中でも非常に人気が高い車です。ハイエース同様に需要がある車ですので、窃盗団のターゲットになってしまう事が多いようです。
同様に狙われ易いのがランドクルーザーです。この車も海外での需要がありますので、目を付けられてしまう事が多いと言われています。
車上荒らしに狙われ易い車の傾向としては、やはり高級車が多く見られます。ベンツやレクサスなど、比較的富裕層が多く乗っている車という事もあり、金品目当てで狙われてしまう事があるのです。
基本的には人気の車であったり、高級車の場合ですと狙われるリスクが高くなります。このような被害に遭わない為にはしっかりとセキュリティ対策を行う事が大切と言えます。葉03

カテゴリー 未分類 | 被害に遭いやすい車種 はコメントを受け付けていません。

昨今の盗難・車上荒らしの被害状況

2015年2月24日 - 6:13 | 投稿者 ぺーる

車上荒らしでの盗難被害の現状は、平成14年をピークに減少傾向にあります。しかし、検挙率が非常に低いのです。ほとんどの人が泣き寝入りをしています。1件の事件の被害額平均は約10万円です。しかし、それ以外に窓を割られたり、鍵を壊されるために、修理費にお金がかかります。修理費は1件の平均が7万円です。
また、車の部品を盗まれる場合もあります。タイヤやアルミホイールなどです。その他に、カーナビやオーディオも価値のあるものです。近年は、カーナビの盗難が多くなっています。
カード類が盗まれると被害が拡大する恐れがあります。カードや免許証や保険証の再発行にもお金がかかります。被害の多い時間帯は夜間が半分以上です。発生場所は、駐車場がほとんどです。それ以外には、路上や空き地などがあります。
都道府県によっては、自動車盗難の発生マップを作成しているところもあります。
窃盗団というのは、日本各地に存在しています。そして、模倣犯も多くいるといわれています。この窃盗団は、日本人や外国人などがいる集団で多国籍です。数万人を超える犯行者がいるのではないかと考えられています。この被害は、減少傾向にはありますが、根絶が難しいのです。葉02

カテゴリー 未分類 | 昨今の盗難・車上荒らしの被害状況 はコメントを受け付けていません。